10/5-7 第39回松戸市消費生活展「災害に備えた我が家の暮らし ~見て 考えて 行動しよう~」

松戸市が主催する、広く暮らしに役立つ生活情報を提供し、消費者問題を提起する「松戸市消費生活展」。
今年は「災害に備えた我が家の暮らし~見て考えて行動しよう~」がテーマです。

21ブース出展の会場内では、抽選会をはじめ、クイズラリーや、松戸まつりとタイアップしたスタンプラリーなど楽しさ満載、ご家族でも楽しくまなべます。
ぜひご来場ください。

日時 2012年10月5日(金)~10月7日(日) 10:00~17:00
場所 アートスポットまつど(伊勢丹松戸店新館9F内)(松戸駅西口より徒歩5分)
主催 松戸市
運営 第39回松戸市消費生活展実行委員会
事務局 まつどNPO協議会

2012_第39回松戸市消費生活展チラシ表

※リンク先のPDFは表ウラ合わせた、同じPDFチラシとなっております。

第39回松戸市消費生活展プレイベント 講演会

「放射能とどうつきあうの? ~食品の選びかた 暮らしかた~」

日時 2012年10月5日(金) 10:30~12:30
場所 アートスポットまつど(伊勢丹松戸店新館9F内)(松戸駅西口より徒歩5分)
講師 上田昌文(あきふみ)氏(NPO法人市民科学研究室・代表)


NPO法人市民科学研究室は、「市民にとってよりよい科学技術とは」を考え、提言するNPO(非営利団体)。
その代表である上田氏は、大学では生物学を専攻。1992年から市民による学習グループを発足させ、科学技術関連の社会問題への取り組みを開始。05~07年に東京大学「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員。放射線や電磁波問題での講演も多数。
著書『子どもと電磁波』、『原子力と原発 きほんのき』(クレヨンハウス)、子どもの放射能への不安を解消するワークショップや、大地を守る会の放射能講座の講師を務めるなど子どもや消費者向けにわかりやすく科学を解いてくれることで好評。
子どもと電磁波 原子力と原発 きほんのき

【時間】
10:30~11:30 講師のお話
11:35~12:20 会場の皆さんからの質問になんでも答えます!

  • 放射性物質の知っておきたい性質
  • 土壌や食品への影響
  • 食材の選びかたや普段の暮らしかた

…など1時間程度のお話をいただきます。
その後、会場との充実した質疑応答で、あなたの不安と疑問を解消します。