協議会について

運営体制

NPO法人まつどNPO協議会は、会員によって構成される総会の下、理事会を定期的に開催し事業を進めています。

理事会(2015年7月1日現在)
役職 氏名 所属等
理事長 岩橋 秀高 NPO法人人材パワーアップセンター 理事長
副理事長 渡辺 洋子 NPO法人子どもっとまつど 理事長
理事 阿部 剛 CHIEの輪 代表
新井 丈晴 自立サークルFC 代表
奥田 義人 認定NPO法人たすけあいの会ふれあいネットまつど 副代表
古宮 保子 東日本大震災復興支援松戸・東北交流プロジェクト 代表
進藤 範彦 NPO法人運転免許取得支援センター 理事
滝川 幸子 松戸子どもの文化連絡会
柳町 美恵子 NPO法人まつかぜの会 理事長
吉住 完治 NPO法人テイパーズクラブ 理事長
山﨑 恵 (個人会員)
監事 海老名 みさ子 認定NPO法人外国人の子どものための勉強会 理事長

設立の趣旨 ~ メッセージ

NPOのみなさん、日頃の活動で自分だけでは解決できない課題を抱えていませんか、あるいは、市民や行政に発言や提案をしたいんだけどその「場」がないと感じていませんか。

まつどの地域の課題について自由に発言し、その「思い」や課題を共有する仲間と一緒に課題解決していくアクティブな「場」をつくりませんか。

NPOがお互いに(広域も含め)連携・協働することで、お互いの力を補完し合ってより大きい力を生み出していくことが出来ます。その力を地域の課題解決に向けていきましょう
その活動を通じてそれぞれのNPOもまたより大きく成長出来ます。

NPOがお互いに連携・協働することで「他のセクター(行政、企業、教育研究機関等)」に市民活動団体として具体的な課題解決提案を発信していきましょう。それにより他のセクターとの連携・協働も実現できます。

これらのことを可能にしていく「場」【まつどNPO協議会】を一緒に創りませんか!

事業内容

  • 松戸市に活動拠点を置くNPOが「まつどNPO協議会」で協働して、お互いの課題や地域の課題に関する情報の共有と意見交換を通じて具体的解決策の検討、提案を行い、その解決に取り組みます。
    NPO(広域も含む)の協働で解決出来る課題もあるが、必要に応じて「他のセクター」との協働を実現していきます。
  • そのため「まつどNPO協議会」内に「この指とまれ」式で課題とその「思い」を共有する分科会を複数立ち上げ、分科会で具体的課題解決策を検討し、「まつどNPO協議会」として提案し、協働を実現していきます。
  • 情報・「思い」・具体的提案等発信のツールとしてホームページだけでなく「市民の情報紙」を創設発刊します。
  • 地域の課題解決のために「他のセクター」との協働を実現する常設の「協働の場」・「第三の公共の場」として「新しいまつど創り協議会(仮称)」の設立を目指します。
  • 「まつど市民活動サポートセンター」との協働関係を構築していきます。